ゴルフのブログ ~経営コンサルタントが頭でGolf攻略 ~by神谷奏六

運動神経悪い芸人並みに運動神経ゼロ、力もなし、身長165cm。ゴルフ歴10年でアベレージ100超えの経営コンサルタント・神谷奏六が、その運動能力不足を、データ分析と努力でカバーしてベストスコア71・シングルを目指すブログ。現在アベレージ88。

21.ゴルフデータ革命

SG(ストロークス・ゲインド)を使ってドライバーの目標設定をしてみた 〜前編〜

// 以前の記事で、SG(ストロークス・ゲインド)を使って現在の私のスコアを分析し、重点課題を見つけ、統計的に有為な目標設定をしようとした話をしました。 golfblog.hatenablog.jp golfblog.hatenablog.jp golfblog.hatenablog.jp そして、SGを使って分析…

SG(ストロークス・ゲインド)を使ってショット別の目標を設定する方法 〜20ヤード以内の寄せ・後編〜

// ここ数回の記事で、SG(ストロークス・ゲインド)を使ってのショット別の目標設定に取り組んでいます。 golfblog.hatenablog.jp 具体的には「平均スコア○○を目指すなら、このショットでは平均これくらいに寄るのを目指せ」という目標を明らかにしたいので…

SG(ストロークス・ゲインド)を使ってショット別の目標を設定する方法 〜SGを使った目標設定の具体的なやり方&20Y以内の寄せ分析・前編〜

// 前々回の記事で、SG(ストロークス・ゲインド)を使って現在の私のスコアを分析し、重点課題を見つけて目標設定をしようとした話をしました。 golfblog.hatenablog.jp そして前回の記事で、この半年間くらいの練習の効果検証をしてみた話を書きました。 g…

SG(ストロークス・ゲインド)を使ってショット別の目標を設定する方法 〜過去半年の効果検証&現状分析編〜

// 前回の記事で、現在の私のスコアを分析し、重点課題を見つけて目標設定をしようとした話を書きました。 golfblog.hatenablog.jp 具体的には以下の流れで次の目標設定をしてみたいと思います。

平均90台後半から、4ケ月後に平均80台にするのに役に立った練習と、役に立たなかった練習をストロークゲインドを使って解明

// 最近5回のラウンドのアベレージは89.8、最近10回のアベレージは88.9、最近20回のアベレージは89.1、2018年のアベレージは93.9、GDOスコア管理アプリのGDOハンディキャップは15.8です。 最近10回、GDOハンディキャップは少…

パット不調の原因はメンタルか?慣れか?コンディション対応力か?をストロークゲインドパッティングで解き明かしてみた

前回の記事で「最近、家のパターマットでは2メートルのパットが決まるにもかかわらず、ラウンドでの2メートル以内のパットがスコアに悪影響を及ぼしている。」と書きました。 golfblog.hatenablog.jp そしてこの中で「『家のパターマットでのパットだけ確…

SG(ストロークス・ゲインド)とは 〜ゴルフデータ革命で紹介されている、最先端SG指標について噛み砕いてみる〜

書籍「ゴルフ データ革命」で紹介されている「SG(ストロークスゲインド、あるいはストロークゲインド)」という指標があります。 ストロークはドライバーとかパターの1ストローク1ストロークのこと、ゲインドは「稼いだ」という意味です。 ある期間(例え…

私が学んだパターの選び方、パター遍歴とパター練習法、そして新ギア「PRGR SILVER-BLADE CC03CS」の魅力(後編)

最近購入したPRGRのパター「SILVER-BLADE CC03CS」。 これを購入するにあたり、パターについて色々調べてみましたので、その私なりに調べた内容についてまとめておきたいと思います。 今回が後編、以下が前編です。 パターの大きな2分類、プロによるわかり…

ドライバーのヘッドスピードを上げる片手素振り・腕だけ素振りと、ミート率を上げる左手外旋片手素振り 今週のゴルフの練習記録

私の最近5回のラウンドのアベレージは92.0、最近10回のアベレージは92.1、最近20回のアベレージは93.5、2018年のアベレージは96.1です。 1年以上前のアベレージが110前後、1年ほど前のアベレージが103~105、去年の年末…

色々試してデータを取る重要性 〜ゴルフレッスン書を読んでも指導者によって指導内容は大きく異なるという問題への対策案〜

私の最近5回のラウンドのアベレージは93.6、最近10回のアベレージは92.3、最近20回のアベレージは94.4、2018年のアベレージは96.6です。 1年以上前のアベレージが110前後、1年ほど前のアベレージが103~105、去年の年末…

SG(ストロークス・ゲインド)を使って自分のショットを分析する具体的な方法論6選

私が自分のショットを分析している方法は、書籍「ゴルフ データ革命」で紹介されているSG(ストロークス・ゲインド)という指標を使った分析手法です。 SGを使った分析には、10万ラウンド以上のラウンドデータをもとに、スクラッチプレーヤー(ハンディ0…

バンカーが多いゴルフ場を攻略するには、砂の質別のバンカーショットを練習する必要がある Golfmetricsを活用したプレー分析と対策

先日は最近の私にしては調子の悪い97というスコアをホームコースの美らオーチャードゴルフ倶楽部で叩いたので、このスコアを、直近5回のスコアと比較しながら分析してみたいと思います。 私はスコア分析は、アメリカPGAツアーで使われているSG(ストロー…

レッスンのテーマは「余計な動きをなくす」「ねじる」、ミート率よりヘッドスピードを重視して 先週のゴルフ練習記録

私の最近5回のラウンドのアベレージは91、最近10回のアベレージは94.7、最近20回のアベレージは95.3、2018年のアベレージは97.0です。 1年ほど前のアベレージが103~105、去年の年末の猛練習生活を始めたばかりの頃の2~3ケ…

ラフのきついコースの攻略法と、バンカーショットの練習方法 Golfmetricsを活用したプレー分析と対策

先日は琉球ゴルフ倶楽部でラウンドしましたが、3ラウンドぶりに90台を叩きました。この日のショットも分析してみたいと思います。

レッスンのテーマは「肩を回す」「遠心力を使う」、アプローチ練習は片手ウェッジを中心に 先週のゴルフ練習記録

今年の年始まで、私の年間のアベレージスコアは9年以上、ずっと100超えでしたが、最近はアベレージが90台で落ち着き始め、先週はベストスコア87、今週は85というスコアが出ました。 直近5回のラウンドの平均スコアは90.0、直近10回の平均ス…

花道残り20Yからの寄せは、ピン1.8m以内に寄せないとスクラッチに対して打数を稼げない Golfmetricsを活用したプレー分析と対策

アメリカPGAツアーで使われているSG(ストロークス・ゲインド)という指標(詳細は書籍「ゴルフ データ革命」にて)を使って自分のSGを分析できるスマホアプリ「Golfmetrics(ゴルフメトリクス)」というアプリがあります。 使ってみたらなかなかハマったの…

250Y飛んでバンカーに入るより飛距離180Yでフェアウェーキープの方が打数を稼げる Golfmetricsを活用したプレー分析と対策

アメリカPGAツアーで使われているSG(ストロークス・ゲインド)という指標があります。 SGの詳細は書籍「ゴルフ データ革命」に書かれていますが、ざっくり説明すると「私の全てのショット・パットと上級者(アメリカツアープロやハンディ0のスクラッチプレ…

SG(ストロークス・ゲインド)の指標を使えばショートコースのショットやスコアも分析できる Golfmetricsを活用したプレー分析と対策

アメリカPGAツアーで使われているSG(ストロークスゲインド)という指標があります。 golfblog.hatenablog.jp SG(ストローク・ゲインド)の詳細は書籍「ゴルフ データ革命」に書かれていますが、ざっくり説明すると「私の全てのショット・パットと上級者(…

スクラッチプレーヤーは残り60〜100ヤードは83%の確率でグリーンに乗せる Golfmetricsを活用したプレー分析と対策

アメリカPGAツアーで使われているSG(ストロークス・ゲインド)という指標があります。 SGの詳細は書籍「ゴルフ データ革命」に書かれていますが、ざっくり説明すると「私の全てのショット・パットと上級者(アメリカツアープロやハンディ0のスクラッチプレ…

上級者とアベレージゴルファーの差で最も大きいのは100ヤード以上のアプローチであり、全ての差のうちの40%を占めている Golfmetricsを活用したプレー分析と対策

アメリカPGAツアーで使われているSG(ストロークスゲインド)という指標を使うと、ゴルフのプレーの課題を分析することができるため、このブログではこのSGを計算することによってパッティングの分析を試みています。 SGは (1)自分が何ヤードのどんなライ…

平均90のプレーヤーは2メートルを平均1.62打であがる ゴルフデータ革命を活用したプレー分析と対策

先日は糸満市のパームヒルズゴルフリゾートでラウンドしてきました。 この日のスコアは90でベストスコア更新しました。 なかなか分析しがいのあるスコアなので分析してみたいと思います。 この日、平均スコア90のプレーヤーに対してパットで損した打数(…

15メートルのパットは残り1メートルに寄せると平均90のプレーヤーに対して打数を稼げる ゴルフデータ革命を活用したプレー分析と対策

先日は南城市の守礼カントリークラブでバックティからラウンドしてきました。 スコアは93ですが守礼カントリークラブはパー70なので23オーバー、パット数は36。ウェアウェーキープ率は53.8%でした。 この日、平均スコア90のプレーヤーに対し…

平均90の人は2メートルのパットを5回打ったら2回は入れる ゴルフデータ革命を活用したプレー分析と対策

先日もホームコースの美らオーチャードでラウンドしてきました。 この日はレギュラーティーからまわってスコアは93、パット数は35。ウェアウェーキープ率は64.3%でした。 この日、平均スコア90のプレーヤーに対してパットで損した打数(SG/ストロ…

バックティーから回った際は、距離のせいにする前にショートゲームを分析すると気づきがある場合がある ゴルフデータ革命を活用したプレー分析と対策

先日はホームコースの美らオーチャードでラウンドしてきました。 この日は青色のバックティーの更に後ろの、黒色のフルバックティーからラウンドしたこともあり、スコアはアベレージより悪いスコアは102。 パット数は33パットであり、「やはり距離が長…

5mからの3パットより、15mからの4パットの方が損は大きい ゴルフデータ革命を活用したプレー分析と対策

先日は琉球ゴルフ倶楽部でプレーして来たのでそのスコアについても分析してみたいと思います。 スコアは95、パット数は35パット、フェアウェイキープ率は50.0%でした。 この日、平均スコア90のプレーヤーに対してパットで損した打数(SG/ストロー…

レディースティーでラウンドすると気づきが非常に多く、メリットが驚くほどたくさんある ゴルフデータ革命を活用したプレー分析と対策

前回、バックティーからプレーしたところ106叩いてしまった記事を書きましたが、その次のゴルフでまた美らオーチャードゴルフ倶楽部に行った際、今度はレディースティーからのゴルフを試してみました。 結果、スコアは87。 いつか90切りを目指してや…

4mパットを1回入れて稼げる打数は、1mパットを1回外して損する打数とほぼ同じ ゴルフデータ革命を活用したプレー分析と対策

先日、ホームコースの美らオーチャードゴルフ倶楽部でラウンドしてきました。 この日はバックティからのプレーで、スコアは106。 90切りを目指してやっているのですが、106なかなか叩いた方で、なかなか分析しごたえがあります。 スコアは106に対…

平均90で回るプレーヤーは40ヤードから3打で上がるくらいが目安 ゴルフデータ革命を活用したプレー分析と対策

先日は沖縄県本部町のベルビーチゴルフクラブでプレーしてきましたので、この内容も平均90のプレーヤーのデータと比較し、分析と対策立案してみたいと思います。 この日のスコアは99、パット数は37、フェアウェイキープは8回でフェアウェイキープ率は…

平均スコア90のプレーヤーは1メートルのパットを6回中5回弱カップインする ゴルフデータ革命を活用したプレー分析と対策

パットで稼いだ打数(SGP)、100ヤード以内を何打であがったか、100ヤード以内に入った時の残り距離(100ヤード以内を何打であがったかを計測しはじめた距離)、何ヤードから3打であがったかのデータを使って、沖縄県今帰仁村のオリオン嵐山ゴルフ…

何ヤードから3打で上がっているかのデータを使って自分の課題がショートゲームなのかロングゲームなのかを知り、効率的に練習する方法

「ゴルフ データ革命」ではSG(ストロークスゲインド)という指標を使って「ゴルファーのレベル別・ショット別の中央残り距離」というデータが紹介されています。 golfblog.hatenablog.jp このデータを活用するとグリーン周りの自分の技術レベルも分析するこ…