ゴルフのブログ ~経営コンサルタントが頭でGolf攻略 ~by神谷奏六

運動神経悪い芸人並みに運動神経ゼロ、力もなし。ゴルフ歴10年でアベレージ100超えの経営コンサルタント・神谷奏六が、その運動能力不足を、データ分析と努力でカバーしてベストスコア71・シングルを目指すブログ。現在アベレージ88。

冬は沖縄でゴルフ旅行しよう! (5)ローカルゴルフ場と国際色豊かな飲み屋街が集まる「沖縄中部ゴルフ合宿」の楽しみ方

連続で書いている「沖縄ゴルフ旅行」シリーズ。

 

これまでは、

  1. 沖縄ゴルフ合宿の季節別の魅力度の違い
  2. 沖縄ゴルフ場の料金・食事・宿泊について
  3. 沖縄ゴルフ&滞在・観光の立地の比較について

の3つについて、続いて「地域別の楽しみ方」沖縄本島南部編について、紹介してきました。

 

golfblog.hatenablog.jp

golfblog.hatenablog.jp

golfblog.hatenablog.jp


golfblog.hatenablog.jp

 

 

 

今回は、南部にも北部にも出やすくて、しかもおそらく一番の穴場「沖縄本島中部」編です。

 

 

引き続き、地元ゴルファーならではの視点も交えつつ紹介します。

 

また、ゴルフ場については、選ぶ際に役に立つように、という目的で、いい点だけでなく、不評な点・注意したい点も書いていますので、「お気に入りのコースを悪く言われるのは見たくない」という人はご注意ください。

 

続きを読む

冬は沖縄でゴルフ旅行しよう! (4)人気のゴルフ場と観光の定番が集まる「沖縄南部ゴルフ合宿」の楽しみ方

連続で書いている「沖縄ゴルフ旅行」シリーズ。

 

これまでは、

  1. 沖縄ゴルフ合宿の季節別の魅力度の違い
  2. 沖縄ゴルフ場の料金・食事・宿泊について
  3. 沖縄ゴルフ&滞在・観光の立地の比較について

の3つについて紹介してきました。

 

golfblog.hatenablog.jp

golfblog.hatenablog.jp

golfblog.hatenablog.jp


 

 

 

今回から、南部・中部・北部(恩納村エリア)・北部(名護エリア)のそれぞれの(もちろん、特にゴルフの!)楽しみ方についてです。

 

 

まず今回は、沖縄ゴルフ旅行の定番ゴルフ場が集まり、空港からのアクセスもよく、ホテルや飲食店が最も充実している那覇市が位置する「沖縄本島南部」編です。

 

 

ゴルフ場情報についても、地元ゴルファーならではの視点も交えつつ紹介します。

 

ゴルフ場については、選ぶ際に役に立つように、という目的で、いい点だけでなく、不評な点・注意したい点も書いていますので、「お気に入りのコースを悪く言われるのは見たくない」という人はご注意ください。

中部編はこちら

 

続きを読む

ライが悪くても対応できて、距離も落ちない「良いフェード」を打つ方法 ゴルフ練習の記録

最近5回のラウンドのアベレージは83.8、最近10回のアベレージは84.2、最近20回のアベレージは83.9、2020年のアベレージは84.2、GDOスコア管理アプリのGDOハンディキャップは10.4です。

 


風邪などで悪化傾向だったのが、今はやや復活傾向です。

 

 

続きを読む

冬は沖縄でゴルフ旅行しよう! (3)沖縄本島の立地の比較 〜那覇飲みメインの南部から、地元民に人気の穴場ゴルフ場&飲み屋が集まる中部・北部まで〜

前回前々回の記事で、沖縄ゴルフ合宿の季節別の魅力度、ゴルフ場の料金・食事・宿泊について紹介しました。

golfblog.hatenablog.jp

golfblog.hatenablog.jp

 

 

今回から、沖縄本島の各エリア別の楽しみ方について書いていきたいと思います。

 

ちなみに、たまたまかもしれませんが、私や私の知り合いの多くは酒好きで、「せっかく沖縄に来たのだから、ゴルフだけでなく飲み歩きも楽しみたい」という人が多いです。

 

そこで、今回からの記事では、沖縄本島の立地について、ゴルフ、宿泊、移動、食事に加えて、飲み歩きの楽しみ方についても解説してみたいと思います。

 

本島北部、中部、南部のそれぞれ立地において、ゴルフと飲み歩き・食べ歩きの楽しみ方について、語りたいことは数多くありますので、今回はざっくりまとめ編として、概略と比較を書いておきたいと思います。

 

golfblog.hatenablog.jp

golfblog.hatenablog.jp

 

 

続きを読む

冬は沖縄でゴルフ旅行しよう! (2)慌てて予約・・・の前に知っておきたい、沖縄ゴルフ合宿の注意点!〜ゴルフ場の料金、食事、宿泊編〜

前回の記事で、(特に冬は)沖縄でゴルフ合宿をするのがオススメだという記事を書きました。

golfblog.hatenablog.jp


しかし、(ゴルフだけして、その他の時間はなんでもいいという人は別にして)貴重な沖縄滞在の時間を充実させるためには、沖縄特有の注意点や、沖縄のゴルフ場の特徴も知った上で全体の旅程を組んだ方が、より充実した旅行になります。

 

 

もちろんゴルフ旅行なので、ゴルフのラウンド内容が充実していることが最も重要です。

しかし、その前提の上で、費用、食事、宿泊、移動、飲み屋、宿泊、観光など、コースやラウンド内容以外の情報も把握した上で計画を立てた方が充実したゴルフ旅行になります。

 

そこで、沖縄ゴルフ合宿の具体的なプランを立てる前に知っておいた方がいい、沖縄ゴルフ場事情や、沖縄巡りにあたっての基本情報について、まとめておきたいと思います。

 

第2回目の今回は「料金、食事、宿泊編」です。

 

移動や観光も含めた立地編については次回以降に書きたいと思います。

 

続きを読む

続「上体が強すぎて右肩が前に出すぎる」動きの改善 ゴルフ練習の記録

最近5回のラウンドのアベレージは84.6、最近10回のアベレージは85.4、最近20回のアベレージは84.2、2020年のアベレージは84.6、GDOスコア管理アプリのGDOハンディキャップは12.1です。

 


風邪を引いて調子が悪い時期があったり、沖縄の冬らしい強風のラウンドが何回かあったりで直近5回、10回、GDOハンディは悪化傾向です。

 

今年の沖縄は暖冬で、風も弱い日が多いのですが、本来の沖縄の冬は最近のように強風で地面も硬くてスコアを崩しやすいと考えるべきだろうと思います。

 

 

続きを読む

冬は沖縄でゴルフ旅行しよう! (1)沖縄ゴルフ合宿の、季節別のメリット・デメリットを比較してみた

私のゴルフ友達(沖縄以外に住んでいる友達)では、冬に沖縄にゴルフ旅行に来る友達が多いです。

 

内地(本土)からの移住者である「島ナイチャー」ゴルファーである私にとっては、友達が一緒にゴルフしに来てくれるのはすごく嬉しいのですが、話を聞いていると「確かに、休みをとって沖縄にゴルフにくるメリットは大きいな」と思うことが非常に多くあります。

 

 

 

私の友達だけでなく、国内外から冬に沖縄にゴルフに来る人は増え続けています。

 

沖縄在住者のゴルフ人口は減っているのに、県外からゴルフ場に来る人は増え続けています。

 

だから、ここ数年、沖縄ではゴルフ練習場はどんどん潰れていっているのでに、ゴルフ場の稼働率やプレーフィーはすごいハイペースで上がり続けています。

(特に沖縄本島南部のゴルフ場の値上げペースは、とても現代の日本のゴルフ場とは思えないくらいのハイペースな値上げを続けています。)

 


ゴルフ旅行だけでなく、レッスンプロや師匠練習の時間も取るゴルフ合宿をしたり、観光メインだけどせっかくだからゴルフも、という人もいて、楽しみ方は様々です。

 

そこで、(特に冬に)沖縄へゴルフ旅行に行くメリットと、楽しむコツ、エリア別の様々な楽しみ方についてまとめてみたいと思います。

 

 

第1回目の今回は「季節別・沖縄ゴルフ旅行のメリット・デメリットを比較してみた」編です。

 

この次の記事「沖縄ゴルフ旅行の注意点〜料金・食事・宿泊編〜」はこちら。

golfblog.hatenablog.jp

 

さらにその次の記事「沖縄ゴルフ旅行のための、沖縄本島の立地の比較」はこちら。

golfblog.hatenablog.jp

 

 

続きを読む

シングルは1Rで9回の4.5mパットをOKに寄せ、2回の2.1mパットをカップインする SGPでミドルパットの分析

先日、グリーンが難しいことで有名なベルビーチゴルフクラブでラウンドした際に、パッティングがあまりにもひどくてスコアを崩したラウンドがありました。

f:id:kamiyasoroku:20191230174336p:plain

伊江島を望むベルビーチゴルフクラブの4番グリーン

 

 

このラウンドの、特にパッティングについて振り返り、今後の対策を考えてみたいと思います。

 

分析手法はおなじみSG(ストロークス・ゲインド)

 

golfblog.hatenablog.jp

 

分析に使用するアプリは「GolfMetrics」です。

腕全体・体全体を使うスイング、両足を安定させたままインパクト ゴルフ練習の記録

最近5回のラウンドのアベレージは81.4、最近10回のアベレージは83.1、最近20回のアベレージは84.1、2019年のアベレージは87.6、GDOスコア管理アプリのGDOハンディキャップは9.8です。

 


ほぼ横ばい傾向です。

 

 

続きを読む

私が学んだ「アイアンのシャフトの選び方」 〜重さは「振り切れる範囲で重い」、テンポやしなり係数に加え、自分やシャフトのタイプも考慮する〜

最近、アイアンのシャフトを今までより少し重いシャフトに交換しました。

 


それまでは初心者や年配の方向けの83gのNS PRO ZELOS8(R)というシャフトを使っていたのですが、いろいろ調べているうちに軽すぎるのではないかと思い始め、いろいろ調べて、試して、106gのNS PRO 1050 GH(S)に変えました。

nipponshaft.co.jp

f:id:kamiyasoroku:20191223120547p:plain

N.S. PRO 1050 GH


 

 

このシャフトに変えたてから、スコアがよくなっただけでなくアイアンショットのSGも改善してきているので、比較的良かったのではないかと思います。

 


そこで、アイアンのシャフトの選び方について、私が学んだ範囲内で書いておきたい思います。

 

続きを読む