ゴルフのブログ ~経営コンサルタントが頭でGolf攻略 ~by神谷奏六

運動神経悪い芸人並みに運動神経ゼロ、力もなし。ゴルフ歴10年でアベレージ100超えの経営コンサルタント・神谷奏六が、その運動能力不足を、データ分析と努力でカバーしてベストスコア71・シングルを目指すブログ。現在アベレージ88。

完全な「トップで前傾をキープ」を目指す際に気を付けること ゴルフ練習の記録

最近5回のラウンドのアベレージは85.0、最近10回のアベレージは85.5、最近20回のアベレージは85.2、2019年のアベレージは87.9、GDOスコア管理アプリのGDOハンディキャップは12.8です。

 

全ての数値がほぼ変わらずですが、2019年の平均がついに88を切りました。

 

去年、「平均88の壁」に当たっていたのを思い出すと、これは達成感があります。

 

 

 以下は直近10回のラウンドのショット別SG(ストロークス・ゲインド)です。

 

 

f:id:kamiyasoroku:20191208230154p:plain

直近10回のラウンドの1ラウンド平均ショット別SG(ストロークゲインド)

引き続き、アプローチ(パー4・パー5のティーショットを除く、100ヤード以上のショット)が課題です。

 

 

そして、引き続きパッティングは課題です。 

 

 

 

 

 

 

<先週のゴルフの記録>

  • 日曜:ラウンド(黒ティーから85)
  • 月曜:ドライビングレンジにて自習、ランニング
  • 火曜:ドライビングレンジにて自習、ランニング
  • 水曜:ドライビングレンジにて自習
  • 木曜:ラウンド(白ティーから87)
  • 金曜:ドライビングレンジにて自習
  • 土曜:ラウンド(白ティーから85)
  • 日曜:ドライビングレンジにてレッスン、ランニング


となります。


これ以外に筋膜リリースを基本的に毎日やっています。

 

また、自宅でのパターマット練習を基本的に毎日やっています。

 

バット素振りは2〜3日に1回やっています。

 

 

 

完全な「トップで前傾をキープ」を目指す際に気を付けること

最近は自習で「トップで前傾キープ」を練習しています。

golfblog.hatenablog.jp

 

上記の記事でも書いたように、最近の私はテークバックからトップで上体が起き上がる癖があります。

 

これにより、捻転差が作れないようになり、飛距離と安定性をロスしているとのことで、レンジで自分のフォームを撮影しながら修正に取り組んできました。

 


これを1週間ほど続けていたことで、やや前傾を維持したスイングに変わってきました。

 

スイング改造中は全然まともにボールに当たらなかったりしたのですが、今はちゃんと打てるようになってきて、レッスンプロ曰く「いい音がして、飛距離も出ている」とのことでした。

 

 

自分でスイングを撮影した動画を見る限り、私の中ではほぼ許容範囲に思うのですが、よくみてみるとやはりまだ少しトップの前に体が起き上がっています。

 

ここからさらにスイング改造して「完全な前傾キープ」を目指すべきか、それとも今のスイングの形のまま、ボールにちゃんと力が伝わる動きを練習するか、レッスンプロに相談しました。

 

 

するとレッスンプロ曰く、

 

・今の柔軟性の範囲で更に変えられるなら変えてもいい

・しかし、今の柔軟性の範囲でできないなら、先に柔軟性を高めた方がいい

・無理に手でトップまで上げるのはリスクが高い

・それでも手でオーバースイング気味に上げるのならば、ダウンの時に手だけ戻してから体を回す(手がオーバースイングになったまま体を戻さない)

 

と言われました。


より前傾キープしたまま、手ではなく体で回せるかどうか、あと少しだけ試行錯誤したいと思います。

 


なお、「前傾キープ」をできるようになったことで、最近また悪化しつつあった腰がかなり楽になったことが収穫でした。

 

腰が痛くないスイングというのは、大体がスコアメイクにもいいスイングだと感じます。

 


フォローでも前傾キープで体を回す

レッスンプロ曰く、今はテークバックでは体を回せているが、フォローで体を回せていないとのことでした。

 

フォローで体を回すイメージとしては、レフティのテークバックをし、同じ動きで右打ちでフォローをするイメージを持ってスイングすると良いとのことでした。

 

これも自習で取り入れたいと思います。

 

 


リバースピボット対策を意識しすぎて右肩が出すぎている時の対策

 

私はしばらくの間、ダウン〜インパクトで頭の位置が動かず右腰だけ右(飛球線方向)に動く「リバースピボット(いわゆるギッタンバッコン)」になる癖があり、これを直す練習をしてきました。

golfblog.hatenablog.jp

 

ところが、レッスンプロ曰く、「これ(リバースピボット)を直そうとしすぎて、ダウンで右肩が前に出過ぎている。」とのことでした。

 

 

そしてこれを直す方法として、

 

・ダウン〜インパクトで左足つま先で地面を押し、その力で左足首と左膝が伸びる動きを入れる

・その際、左膝が背中側に動きながら伸びる

・フォローでは、胸が上を向くように動く

・その後に上半身が回るが、その際に右肩が思いっきり前(飛球線方向)に回るように動かす

 

という動きを入れることだそうです。


これは慣れていないこともありなかなか難しい動きなのと、これまでの経験上、インパクトの瞬間の動きを変えるのは(一瞬のことなので)難しいことから、修正には時間がかかりそうな気がします。

 

これも反復で修正したいと思います。

 

 

 

 

golfblog.hatenablog.jp

golfblog.hatenablog.jp