ゴルフのブログ ~経営コンサルタントが頭でGolf攻略 ~by神谷奏六

運動神経悪い芸人並みに運動神経ゼロ、力もなし、身長165cm。ゴルフ歴10年でアベレージ100超えの経営コンサルタント・神谷奏六が、その運動能力不足を、データ分析と努力でカバーしてベストスコア71・シングルを目指すブログ。現在アベレージ88。

「やりすぎなんじゃ?」と思うくらいの意識で練習して、短期間でスイング改造した方法 最近のゴルフの練習記

最近5回のラウンドのアベレージは91.4、最近10回のアベレージは91.3、最近20回のアベレージは91.9、2019年のアベレージは92.1、GDOスコア管理アプリのGDOハンディキャップは15.7です。

 

平均スコアは多少改善した程度ですが、GDOハンディキャップの集計対象の直近10ラウンドではスコアが11オーバー~30オーバーまでばらついているため、GDOハンディキャップはだいぶよくなっています。

 

 

 

 

 

 

<先週のゴルフ練習>

・月曜:休み

・火曜:休み

・水曜:ラウンド(スコア84)

・木曜:アプローチ練習場でロブウェッジを使った寄せ練習、ラウンド(スコア93)

・金曜:ラウンド(スコア94)

・土曜:ラウンド(スコア89)

・日曜:ラウンド(スコア97)

・月曜:ドライビングレンジでレッスン

 

となります。

 

これ以外に筋膜リリースを基本的に毎日、パターマットは外でパターを握った日(つまりラウンドした日)以外は基本的に毎日やっています。

 

当初は2日ラウンドして、1日休んで、2日ラウンド、という予定でしたが金曜のラウンドに誘っていただき5連チャンとなりました。

 

このうち、4日目の夜の筋膜リリースを忘れて寝てしまったためか、5日目のラウンド中は少し腰痛が再発ぎみでした。

 

 

 

なお、この5連チャンゴルフの間のショットについて、SG(ストロークス・ゲインド)を使って

スコアを分析すると、ドライバーとパッティングはまずまずだったのですが、それ以外(セカンドやショートゲーム)で大きく打数を失っていました。

 

golfblog.hatenablog.jp

 

 これも練習に反映させていきたいと思います。

 

 

続・上体が腰を追い越し、右手が上のまま、左腰が上がること無く上半身を回す

レッスンの1つめのテーマは前回までのレッスンで再三してきされていた「ダウンスイング以降で腰ごと状態が周り、しかも左腰が上に上がる」という動きを改善するというテーマ、これを自分なりに改善してみたスイングのフィードバックでした。

 

前回までのテーマで「ダウンスイング以降で上体が腰を追い越し、左腰を上げずに右手が上にある状態のまま上半身を回す」という動きがあったのですが、これを自分なりに色々試してやってみたところショットがよくなってきたので、これをレッスンプロに見てもらいました。

golfblog.hatenablog.jp

 

すると、「クラブの入り方はよくなっている」と言ってもらえました。

 

ただ、まだ少し悪い動きが残っているとのことでした。

 

そこで、「しばらくこの動きだけを極端にやりすぎるくらいの意識で練習しとけばいいですか?」と質問してみました。

 

これに対してレッスンプロいわく「他にも直したいポイントはあるけど、しばらくそれだけ意識して練習した方がいいかもしれない。」とのことでした。

 

今も、やりすぎなんじゃないかと思うくらい、「ダウンスイング以降で上体が腰を追い越し、左腰を上げずに右手が上にある状態のまま上半身を回す」という意識でスイングしているのですが、これを自習でも続けてみたいと思います。

 

レッスンプロはこの他にも「やり続けて行くと、そのうち『やりすぎ』くらいになる時が来る。そこから再度、逆の動きをするように調整する方がよい。」と言っていたので、しばらくやり過ぎなくらいを意識して自習しようと思います。

 

 

 

ちなみにこの日の練習場でのショットは絶好調でした。

 

最近はナイスショットしてもドライバーのヘッドスピードは42m/s前後だったのですが、この日は平均で43m/s近く。

 

(最速値ではなく)平均値でここまで速いヘッドスピードだった日はたぶん過去にないので、(たまたまの激飛びが出た日だったとかではなく)非常によいショットだったという手応えがあります。

 

反復練習で覚え込ませたいと思います。

 

 

 

インパクトからフォローで体を大きく左へ回す

また、2つめのテーマはインパクトからフォロー以降で体を左へ大きく回す、というテーマでした。

 

レッスンプロいわく、今の私のスイングは、上記のテーマを意識するあまり、インパクトからフォローでは体が回っておらず、手だけで返しているそうです。

 

そこで、インパクトからフォローで上体を大きく回してスイングすることも意識した方がいいとのことでした。

 

これは次のテーマとして覚えておこうと思います。

 

 

golfblog.hatenablog.jp

golfblog.hatenablog.jp