ゴルフのブログ ~経営コンサルタントが頭でGolf攻略 ~by神谷奏六

運動神経悪い芸人並みに運動神経ゼロ、力もなし、身長165cm。ゴルフ歴10年でアベレージ100超えの経営コンサルタント・神谷奏六が、その運動能力不足を、データ分析と努力でカバーしてベストスコア71・シングルを目指すブログ。現在アベレージ88。

レッスンのテーマは「インパクトからフォローで体を回す」 最近のゴルフの練習記録

最近5回のラウンドのアベレージは87.4、最近10回のアベレージは88.4、最近20回のアベレージは88.0、2018年のアベレージは92.1、GDOスコア管理アプリのGDOハンディキャップは14.4です。

 

いずれも少しだけ改善していますが、目に見えてよくなっているとは言いにくい状況です。

 

引き続き、8月中旬くらいから4ケ月ほど続いている「平均88の壁」を破れずにいると言えそうです。

 

 

 

 

<先週〜今週のゴルフ練習>

(先週)

・月曜:ドライビングレンジにて自習、家でパターマット・筋膜リリース

・火曜:ドライビングレンジにてトラックマン測定&自習、アプローチ練習場にて片手アプローチ・20~110ヤードを球筋を変えて打ち分け、家でパターマット・筋膜リリース

・水曜:ラウンド(スコア86)、家で筋膜リリース

・木曜:ドライビングレンジにて自習、家でパターマット・筋膜リリース

・金曜:ドライビングレンジにて自習、アプローチ練習場にて片手アプローチ・20~110ヤードを球筋を変えて打ち分け、家でパターマット・自宅にて筋膜リリース

・土曜:ラウンド(スコア90)、自宅にて筋膜リリース

・日曜:ラウンド(スコア88)、ラウンド前にアプローチ練習とパッティンググリーン

 

(今週)

・月曜:ドライビングレンジにて自習、家でパターマット・筋膜リリース

・火曜:ラウンド(スコア91)、パーソナルジムにて筋膜リリース、家でパターマット

・水曜:ドライビングレンジにて自習、家でパターマット・筋膜リリース

・木曜:ドライビングレンジにて自習、アプローチ練習場にて片手アプローチ・20~110ヤードを球筋を変えて打ち分け・バンカーショット、家でパターマット・自宅にて筋膜リリース

・金曜:ドライビングレンジにて自習、家でパターマット・筋膜リリース

・土曜:ドライビングレンジにてレッスン、家でアプローチ練習&パターマット・筋膜リリース

 

回数で書くと、13日間で

 

・ラウンド4回

・ドライビングレンジ(レッスン):1回

・ドライビングレンジ(自習):8回

・アプローチ練習場での練習:4回

・パッティンググリーン:4回

・家でパターマット:10回

・筋膜リリース12回

 

となります。

  

レッスンプロの指導は「インパクトからフォローで体を回す」

前回のレッスン後は「インパクトで体を回して捉まえる」と表現していましたが、同じテーマだと思います。

 

 

この日はスイングが体主導で回らず、手でクラブを回していた上に、手が体から離れて手が遠回りしてスイングしていたため、力をロスしていたようでした。

 

そこで、ショートアイアンで以下のようなドリルをしました。

 

・9Iで、地面にソールをつけたまま、自分から見て右方向へバックスイング

・右足の右くらいのところから、地面にソールをつけたままボールをヒット

・そこでフェースをターンするのではなく、フェースはターゲット方向に向けたまま・かつソールを地面につけたままフォロー

・この過程で常にハンドファーストを維持

 

この動きを意識して全てのクラブをスイングせよとのことでした。

 

 

また、このレッスンプロのレッスンでは、この9ケ月間にわたって私の改善すべき課題として「フォローでの左ヒジのヒジ引け」が課題だったのですが、この時ばかりは「フェースを開かない前提で、もう少しヒジが引けるようにインパクトした方がいい」という指導でした。

 

さらに、この日はこれができている時と、できていない時があったらしく、その違いもスロー動画を撮って解説してもらいました。

 

しかし、このできている時とできていない時の違いは私には、スロー再生動画とその解説を受けてもわかりませんでした。

 

つまり、この動きができている時とできていない時の違いは、今の私にはわからないということだと思います。

(私の知識が増えたり、私の経験が積み重なったりしたら理解できるようになる可能性はあるとは思います。)

 

 

 

 

それでも収穫だったのは、「インパクトからフォローでよく体が回ってナイスショットになっている」とレッスンプロが言うショットをスローで動画撮影し、保存していたことです。

 

これにより、今後、体が回っていない(っぽい)スイングと、ちゃんと体が回っているスイングを比較できるようになりました。

 

 

この日は腰痛がきつくて打数も少なかったのですが、引き続き、筋膜リリースをはじめとした体のケアと、スイングのスロー撮影を使った課題解決アプローチを使っていろいろ改善して行きたいと思います。

 

 

golfblog.hatenablog.jp

golfblog.hatenablog.jp