ゴルフのブログ ~経営コンサルタントが頭でGolf攻略 ~by神谷奏六

運動神経悪い芸人並みに運動神経ゼロ、力もなし。ゴルフ歴10年でアベレージ100超えの経営コンサルタント・神谷奏六が、その運動能力不足を、データ分析と努力でカバーしてベストスコア71・シングルを目指すブログ。現在アベレージ88。

ダウンスイングでシャフトを寝かせずに、ヘッドを上から入れる ゴルフ練習の記録

最近5回のラウンドのアベレージは87 .8、最近10回のアベレージは88.7、最近20回のアベレージは88.6、2019年のアベレージは89.9 、GDOスコア管理アプリのGDOハンディキャップは16.6です。

 

最近5回、最近10回、GDOハンディキャップがそれぞれ微増です。

 

 

 

 

 

 

<先週後半〜のゴルフの記録>

・木曜:ドライビングレンジにて自習
・金曜:休み
・土曜:休み
・日曜:休み
・月曜:休み
・火曜:ドライビングレンジにて自習、ジョギング
・水曜:ショートコースでプレー
・木曜:ラウンド(スコア86)
・金曜:ジョギングのみ
・土曜:ドライビングレンジにてレッスン

 

となります。

 

金曜〜月曜は法事で内地へ行っていたので、練習できませんでした。

これ以外に筋膜リリースを基本的に毎日やっています。

 

 

ダウンスイングでシャフトを寝かせずに、ヘッドを上から入れる

 

この日のテーマは最近の継続のテーマである「ダウンスイングでシャフトを寝かせずに、ヘッドを上から入れる」でした。


私の場合はこれを意識すると、引っ掛けて左にゴロになる場合がほとんどなのですが、この点を相談すると、引っかからないようにするには「インパクトで左手を内旋させるように使うと良い。」とのことでした。

これもたまに意識して取り入れたいと思います。

 

 

 

また、レッスンプロ曰く、私には「インパクトで左腰が上がり、右肩が下がる」という「ギッタンバッコン」状態になるという悪い癖があるという点は以前から指摘されてきました。

 

こうならないよう、切り返してお腹を右に向けたまま肩だけ左に回す練習をすると良いとのことでした。

 

また、

 

・この時に手でこねないこと
・左足を「伸ばしてまわすように使う」のではなく、「踏むだけ」として使う

 

ことを意識すると良いとのことでした。

 

 

また、右肩が下がってギッタンバッコンになることなくインパクトするためには、「右手は親指を上、左手は手の甲上にした状態で両手を合わせ、そのまま素振りする」という練習方法が良いとのことでした。

 

この練習をする際には、座ってもやると良いとのことですが、レッスンプロ曰く、それでも私の場合は右肩が下がりやすいそうです。

 

これを防ぐためには、インパクト後にフックパンチを打つように右肘を出す意識をすることも有効だとのことでした。

 

これらは自習で取り入れたいと思います。

 

 

 

 

golfblog.hatenablog.jp

golfblog.hatenablog.jp