ゴルフのブログ ~経営コンサルタントが頭でGolf攻略 ~by神谷奏六

運動神経悪い芸人並みに運動神経ゼロ、力もなし、身長165cm。ゴルフ歴10年でアベレージ100超えの経営コンサルタント・神谷奏六が、その運動能力不足を、データ分析と努力でカバーしてベストスコア71・シングルを目指すブログ。現在アベレージ88。

スライスになる傾向、トップで右ひじを上げる方法、など ゴルフ練習の記録

最近5回のラウンドのアベレージは85.8 、最近10回のアベレージは88.5、最近20回のアベレージは88.8、2019年のアベレージは90.4、GDOスコア管理アプリのGDOハンディキャップは14.1です。

 

全て期間のアベレージが改善傾向で、特に「最近5回」とGDOハンディは過去最高レベルのスコアとなっています。

 

 

 

 

 

<先週後半〜今週前半のゴルフの記録>

・水曜:休み
・木曜:ラウンド(スコア89)
・金曜:アプローチ練習場にて片手アプローチ、61度で止まるアプローチ、スプーンで転がし上げるアプローチなど
・土曜:ラウンド(スコア81)
・日曜:ラウンド(バックティーから84)
・月曜:ドライビングレンジにてレッスン
・火曜:休み(ジョギングのみ)
・水曜:ドライビングレンジにて自習

  

となります。

これ以外に筋膜リリースを基本的に毎日やっています。

 

ラウンドのスコアが良いのですが、特にパ ッティングが好調であり、その反動だと思いますが家でのパッティング練習をサボりがちになっています。

 

明日あたりからちゃんと復活しようと思います。

 

 

私が1週間ほど東京に行っていたのと、レッスンプロのレッスン臨時休業が重なり続けて、レッスンは約3週間ぶりのレッスンでした。

 

 

スライスになるパターンは「体が止まって手でこする」

レッスンのテーマの1つめは、最近の傾向であったドライバーのスライスでした。

 

私はこれまでフックになりすぎる時は「体が回らず、手で操作しすぎ」、スライスになりすぎる時は「体は回っているが、肘から下を返せていない」ということが多かったです。

 

しかし、最近はスライスが出始めた時に肘から下をしっかり使ってもスライスが止まらないことがありました

 

これをレッスンプロに相談したところ、「体が回っていなくて、手でこするように打っている」とのことでした。

これは手のひらを返すように使ってみたところ、治って来ました。

 

 

体を回しながら、右ひじをしっかり上げると強く振れる 

レッスンのテーマの2つめは、引き続きドライバーの飛距離アップでした。

 

この日の課題は「テークバックで腕の大きく引き、捻転差を作る」というようなテーマでした。

 

・バックスイングで左足を上げ、フォローで右足を上げる素振りをする
・バックスイングのトップ近くではクラブがより引っ張られる意識を持ち、トップ直前では右ひじがより上に上がり、トップではワンテンポ間ができるようにする

 

という意識で練習しました。

 

これにより、レッスン中にはいい球が出ていたのですが、その後の自習では全然飛ばなくなってしまっていたので、もう少し模索したいと思います。

 

 

上半身を加速させる動きのやり方

この日は連休中ということもあるのか、それとも暑かったからか、スクールに参加している人が少なかったです。

 

そこで、さらなるチェックポイントの指導がありました。

 


3つ目のテーマは、「上半身を加速させて飛距離を伸ばす方法」でした。


私が意識した方がいいポイントとして、

 

・ダウンスイングでは上半身を回してTシャツが左に回るように動く
・その際に左足踏み込む
・ 左足を踏み込んだ際に、左足が止まり、その後は右膝を動かすことで右腰を回す
・フォローでは左肩を上に動かさず右肩を横に動かして回る

 

ということでした。

 

これまでも、インパクト前後で左肩が上に上がってしまうことで力をボールに伝えられていない、ということは指導されていたので、これは意識していきたいと思います。

 

golfblog.hatenablog.jp

golfblog.hatenablog.jp